プレスリリース/お知らせ

すさみスマートシティ推進コンソーシアム主催防災イベントでBELLグループの備蓄管理システムが活用されましたことについてプレスリリースを配信しました

2021年 12月 08日

この度、BELLグループのベル・データ株式会社は、2021年11月30日にすさみスマートシティ推進コンソーシアムが主催した防災イベントに参加し、備蓄管理システム(BxLink:ビーリンク)を使って民間企業が提供するスマートフォンのコミュニケーションアプリやモバイルオーダーシステムとの在庫データ連携などのデモンストレーションを実施しました。


当件についてPR TIMESにてプレスリリースを公開しました。


すさみスマートシティ推進コンソーシアム主催防災イベントにてBELLグループの備蓄管理システムを活用


報道関係者各位

2021(令和3)年12月8日
ベル・データ株式会社

BELLグループのベル・データ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木明一)は、2021年11月30日にすさみスマートシティ推進コンソーシアムが主催した防災イベントに参加しました。

ベル・データは、すさみスマートシティ推進コンソーシアム発足時より参画し、産学金民官連携により、IoTやAIを含むICT等の先端技術を活用しながらスマートシティを目指し、地域の抱える防災、観光、交通、経済、高齢化等の諸課題を解決するとともに、人々の生活の質を高め、全体を最適化させながら持続的な発展が可能なまちの実現を目指しております。


Pressrelease photo_01.png

今回の防災イベントでは、和歌山県すさみ町の「道の駅すさみ」で防災ソリューションの展示やデモンストレーションが行われた他、災害発生時に孤立集落へ支援物資などを輸送することを想定し、道の駅から同町里野の集会所(避難所)へ食料をドローンで運ぶ実証実験が実施されました。今回ベル・データは、BELLグループの備蓄管理システム(BxLink:ビーリンク)を提供し、他の民間企業が提供するスマートフォンのコミュニケーションアプリやモバイルオーダーシステムとの在庫データ連携などのデモンストレーションを実施しました。すさみ町の備蓄品のデータが登録されている備蓄管理システムと、コミュニケーションアプリなどを併用することで、避難所からスマートフォンのアプリを操作して道の駅へ必要な物資を要求し、その要求に応じて道の駅にいる防災担当職員が備蓄管理システムから利用可能な食材や食事を検索、出庫します。さらに、備蓄管理システムの情報をモバイルオーダーシステムに反映させ、避難所からスマートフォンを操作して食事を注文。注文された食事を道の駅からドローンで配送しました。


当リリースの詳細について
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000015432.html

すさみスマートシティ実行計画について
HP:https://www.mlit.go.jp/toshi/tosiko/content/001428238.pdf

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
BELLグループ 広報室
TEL:03-6386-4433 MAIL:press@bell-group.jp